いろいろ難しい日々のこと

未分類

パートを探さなければいけないけれど、子どもが学校に行っている間、となれば時間は限られるし、何よりコロナウイルスがまた感染拡大し始めたので、なかなか身動きができない。パートでもいいから働きたくはあるけれど、そこでコロナを持ち帰ってきたらと思うとなかなか動き出しづらい。コロナがインフルエンザレベルになれば気にせずに過ごせるかもしれないけれど、まだまだ…といったところの日々。このまま増え続けたらまた臨時休校になったりするやもと思うと、パートを始めるのさえ支障がある。入ってすぐ休みます、なんて言ってたらすぐ解雇されてしまいそう。解雇されなくてもひたすら迷惑だし、戦力にならない。だからといってクラウドワークスのようなところで稼ぎたくも結局はなんやかんやと家事や育児や雑用が入り、なかなか集中して進めることができないし。踏んだり蹴ったりとはこのこと。結局は母親に全部皺寄せがくる。夫が働いているから主婦でいられるが、そうやって夫が何も気にせず働けるのは妻が子どもの面倒を一手に引き受けているからで、子どもが風邪をひこうが熱を出そうが母親が看病し病院へつれていき薬を飲ませる。親なら子どもの面倒を見るのは当たり前だけれど、基本は母親がそれをしなければならないので大変。働いている母親ならもっと大変。胃を痛めながら仕事場に連絡を入れる。心苦しい。夫は何も気にせずに仕事できるというのに、母親となったら、仕事を調整するのも、職場に連絡を入れ詫びなければいけないのでそれが大変心苦しい。子どもはいきなり熱を出したり風邪を引いたりするのに、母親だけがそれに対応しなければいけない。不公平感がある。その上で、夫には俺が養ってやっているんだぞ、と威張り散らされる。不愉快だ。こっちだって何も気にせずに働けたら、子どもが病気ひとつなく過ごせたらどんなに気が楽か。何もわからないくせに。どうして母親というだけで子どものために尽力しなければいけないのだろう。コロナのこともあるし、ぜんぶのしかかってくるのがしんどい。