10年越しの「はじめまして」

未分類

SNSで仲良くなってから、ずっと会いたいと思っていた人がいました。
私が関東、相手が関西だったので、スケジュールが合わなかったのです。
何度かメッセージでやり取りしたり投稿記事二コメントしたりし合ううちに、仲良くなれそうだなと確信したのを覚えています。
一瞬でそう思ったほど人柄が良く、考え方や好みの音楽も似ていました。
男性の友達は多いほうだったけれど、どの人ともやり取りはしていなかったし、共通の話題もなかったので、話が盛り上がった時は本当に嬉しかったです。

会いたいと思っているうちに月日は飛ぶように過ぎ、気づけば仲良くなって10年が経とうとしていました。
この10年いろいろあったなあと思っていたら、「近々友達何人かで関東で集まろうって話があるのだけど良かったら来ない?」とメールが届きました!
「会いたいです!行きます」と迷わず飛びつきました。
このチャンスを逃したらいつ会えるかわからなかったからです。
メールをもらった日から会いたい気持ちが一層強くなり、毎日カウントダウンをしていました。

ところが、集まる前日になって空模様が怪しくなりました。
雨風が強くなり、西日本がすごいことになっているとの情報が入りました。
西日本豪雨という名前までついてしまい、友人は無事だろうかと心配でした。
もしかしたら集まれないかもしれないなと思いながら、眠りについたのを覚えています。

当日、外の様子を見てみると、前日の天気が嘘だったかのように、しっかり晴れ渡っていました。
きっと集まりは中止だろうなと思っていたので、安否確認も兼ねてメールをしてみると、「昨日夜行バスで関東に来ているから問題ないよ」との返事が!
その手があったかと感心しました。
天気の急変が心配でしたが、指定された場所へ向かいました。

集まったのは私を入れて4人。名古屋から来た人もいました。
そのうち女性は私だけだったので緊張しましたが、みんな明るくて面白くて、すぐ友達になれました。
会いたかった友人の声を聞いた瞬間、嬉しく心がふわっと温かくなりました。
Skype通話で声を聞いたことはあったけれど、会うのは初めてだったので、不思議な気分でした。
「はじめましてとは思えないね!」と、会えたことを喜び合い、短い時間でしたが、食事をしながら楽しいひと時を過ごせました。
友人とはその後も数回会うことができたので嬉しかったです。
友人の母校の文化祭に行き、その後、名古屋で共通の友人数名と年越しオフ会をしたことが、まるで昨日のことのように思い出されます。
その頃には敬語抜きで話せるようになっていました。

友人のおかげでできるようになったこと、挑戦したいと思えるようになったことがたくさんありました。
スマートフォンに機種変更しようと思えたのも、LINEを始めようと思えたのも友人のおかげです。
困っていると的確なアドバイスをくれるので感謝しています。
目指せ20年、30年!これからも良好な関係を保っていきたいです。